アトピーの症状には食事療法が効果的|肌の健康を維持しよう

容器

皮膚炎改善の対策

赤い肌

アトピー性皮膚炎はかゆみや赤みの強い症状が続く皮膚病です。皮膚科ではステロイド外用剤や保湿剤としてワセリンが処方されます。身体の内部からのアプローチとして、ビオチン、整腸剤、ビタミンCを使った対策が口コミで話題となっています。

詳しくはこちら

日々の食生活は大切

カプセル

様々な原因でなる

アトピーは、特定の食べ物を食べる事によって引き起こされたり、ハウスダストが原因であったり、ストレスなどが原因であったりと、さまざまなことが原因で引き起こされます。ちゃんとした原因を突き止めるのはとても難しいことです。アトピーになると、皮膚が本来持っているバリア機能を失い、ちょっとしたことでも皮膚のトラブルになり、我慢できない程のかゆみを引き起こします。特に小さな子供は我慢できないので、皮膚を掻きすぎて化膿したり血が出てしまうこともあります。アトピーの対策としては、冬は保湿クリームをしっかりと塗り保湿に心がけ、夏場は紫外線から肌を守り刺激を与えないことが大切です。また、体が暑くなるとかゆみを引き起こしやすくなるため、お風呂はぬるめにすることがおすすめです。

食べ物は重要

アトピーは原因を特定するのは難しいのですが、原因の一つとして食べ物があります。アトピーを引き起こしやすい食べ物として、卵、牛乳、ナッツ、豚肉、牛肉、チョコレート、魚介類などがあげられています。現在の日本の食事は、欧米化しこれらの食品を多く食べるようになっています。そして、皮膚の健康を維持する栄養としては、ビタミンやミネラルです。日本人が今までよく食べてきている、和食にはビタミンやミネラルとその他の栄養がバランスよく配合されています。日常的に洋食を食べることが多い場合は、卵や牛乳などアトピーを引き起こしやすい食べ物を多く摂取している可能性があります。そのような時は、1日のうち1食でも和食にしてみると、少しずつアトピーが改善していく可能性があります。

肌へに刺激を抑えた商品

花

アトピー体質の人は、肌本来のバリア機能が低いことが原因で外部からの刺激に過剰に反応してしまいます。かゆみを我慢できずに掻いてしまうことで、さらに刺激に敏感になってしまいます。シャンプーや化粧品を選ぶ際には、化学製品を含まない無添加商品を選ぶことで肌への刺激を減らすことができます。

詳しくはこちら

ヨーグルトの乳酸菌

痒み

乳酸菌を摂ることで免疫が関与しているとされるアトピー性皮膚炎に効果的であるとされています。乳酸菌にも種類があり、様々なタイプのヨーグルトが販売されています。空腹時に食べても乳酸菌が死滅しないヨーグルトも登場しています。

詳しくはこちら